てんやわんや育児記録

子供にやらせて良かった、買って良かったと思うことを紹介していきます。

乗り物好きな男の子におすすめの絵本 はしる!新幹線「のぞみ」

今日は紹介したい絵本はこちらです!

f:id:tenyawanyamama:20190423100813j:plain

はしる!新幹線「のぞみ」 作:鎌田歩さん

息子が2歳のときに買ったのでもう結構ボロボロですね…笑 

 

はしる!新幹線「のぞみ」の著者

鎌田歩さんという方で1969年生まれだそうです。

東京都生まれ。

『どうろせいそうしゃ』『新幹線しゅっぱつ!』『はこぶ』など乗り物の絵本をたくさん出版されています。

 

はしる!新幹線「のぞみ」のストーリー

東京駅の新幹線ホームの場面から始まります。

まもるくんという小さい男の子がお父さんと一緒に新幹線に乗って大阪に行きます。

初めて新幹線に乗るまもるくんはもうウキウキワクワク☺️

まもるくんとお父さんが乗ったN700系のぞみが動き始めてビルが並ぶ都心を駆け抜けて、トンネルで300系ののぼり列車とすれ違い、温泉街の横を通り抜け、富士山のすそのを走り抜け、長い鉄橋の上を力強く走ります。

途中で車内販売のお姉さんがやってきたり、車内アナウンスが流れたり、在来線や700系の新幹線が見えたりしてまもるくんは大興奮のまま新幹線はあっという間に新大阪駅に到着します。

まもるくんの初めての新幹線の旅は終始楽しく「新幹線、またのろうね!」で幕を閉じます。

 

息子がこの絵本に惹かれる理由を考えてみました

この絵本は息子が2歳になってすぐくらいのときに買いました。乗り物が大好きな息子は当時、新幹線の図鑑を毎日見ていて、たどたどしい口調で新幹線の名前を言っていました。なので新幹線が出てくる絵本を買ってあげたら喜ぶだろうし、語彙が増えるかなと思って買いましたが、大成功でした。笑

 

まず絵がとても綺麗で写真のようなのです。そして新幹線の絵だけでなく、運転士さんが指差しして確認している絵や車内アナウンスなど男の子が喜ぶ要素盛り沢山です。なかでも新幹線同士がすれ違うページが息子のお気に入りでした。

新幹線もN700系だけでなく、700系や300系も出てきますし、在来線や車なども描かれているのでどのページを見ても乗り物好きな男の子は虜になるかと思います。笑

 

そして富士山がとても綺麗に描かれています。本当にのぞみに乗っているみたいです。笑

富士山のページだけでなく全ページ、とても細かく綺麗な描写なのでまもるくんと一緒に新幹線に乗ってお出掛けしている気分になれます。

 

乗り物好きなお子さんがいらっしゃる方におすすめの絵本です。

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

ランキングに参加しています。ポチッとクリックで応援よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

 


育児・男の子ランキング